ブランド紹介

BERC

「100%オフグリッド」住宅で
自然とテクノロジーの共存を目指して、
実証実験をしています。

大容量蓄電池を搭載したエネルギー自立型住宅BERC(ベルク)では、あらゆる素材を厳選した健康で快適な住まいに、オフグリッドシステムを搭載することでエネルギーに縛られない究極の安心をプラスします。

さらに自然エネルギーによる電力消費の自立だけでなく、自然との共存による快適な暮らしの実現を提供します。災害時でも、平時と変らず電気・情報を獲得できるオフグリッド住宅は究極の防災ハウスとなります。

防災ハウスという名のオフグリッド住宅を推奨することで、万が一の災害時に、地域が共に助け合う「共助の拠点」となり、多くの人たちの「安心」を築いていけるのではないかと考えています。

エネルギーの自給自足を実現する住まい
昼は屋根と垂直面に設置したソーラーパネル、夜は72kwhの大容量蓄電池を使用したシステムにより、24時間365日、送電線に一切頼らずに生活することができます。一日の想定消費電力(40kwh/日)を充分に賄える完全自立循環型住宅として、今までどおりのライフスタイルを満喫しながら電力の自給自足が送れる住まいを提案しています。
電力消費量40kWh/日を確保した快適な暮らしを目指す
一般家庭の年間平均電気使用量は約14.07kWh/日とされ、最も多い冬場の1~3月期で、約18.86kWh/日とされています。これは、小規模な設備のオフグリッド住宅ではまかなうことのできない量であり、「完全なエネルギー自立」を実現するために、「BERC」では一日の使用量を40kWh/日に設定しました。昼夜だけでなく、冬の夜の暖房消費や梅雨時の発電量が小さくなる時期などあらゆるケースを想定し、年間を通して安心して暮らせる充分な使用量として、そのシステム構築が成されています。
自然とテクノロジーの共存を目指して
これらのビジョンをもっと広く認知していくため、「TEAM OFF GRID PROJECT」として、スマートエネルギー技術を網羅した総合展示会への出展やその他イベントなど幅広く活動を行い、賛同メンバーを集っています。自然エネルギーを最大限に利用した住宅がもっと普及し、当たり前となるような未来の住まいのあり方を想像しながら、[BERC]の取り組むオフグリッドプロジェクトは日々チャレンジを続けています。
PAGE TOP